導入事例

セミナーの概要

主催
JCMA(一般社団法人 日本コンベンション協会)様
セミナー名称
2021年度JCMA人材育成委員会第1回セミナー「SDGs×MICE」
会場
コングレスクエア日本橋より配信
開催日時
2021年10月7日(木)15時~17時
視聴者数
200名程度
配信プラットフォーム
Zoomミーティング
JCMA(一般社団法人日本コンベンション協会)様主催の2021年度JCMA人材育成委員会第1回セミナー「SDGs×MICE」にて、Realtime Communication(RC)をご活用頂きました。

このセミナーは、JCMAの会員企業様の次代を担う若手・中堅メンバーを対象に、育成を目的として開催されています。
2021年度第1回となる今回は、昨今益々注目されている「SDGs×MICE」をテーマに、基調講演、パネルディスカッション、分科会が行われました。

その中で基調講演とパネルディスカッションにおいてRCをご活用頂き、参加者様達のリアルな意見をRCを活用し引き出し、共有し、活気のあるセミナーを実施することが出来ました。

セミナー開始前に、参加者へRCの参加方法をご説明。
今回はZoomミーティングでしたので、スマホかPCブラウザからご参加いただきました。

本日のプログラム

基調講演

基調講演でのRC活用

弊社(リコージャパン株式会社)でSDGsの推進を担当している太田康子(SDGs推進グループ兼広報グループマネージャー)が、本セミナーの基調講演にて講演を行いました。
太田はこれまで1万人以上の自社員へ勉強会を実施し、個人としても多数の社会貢献活動に参画しています。

基調講演の中では、RCによるリアルタイム投票の実施と、コメントや質問を自由に投稿してもらいました。
また、基調講演後の質疑応答の際にも質問を投稿してもらい、回答する質問をピックアップして太田が回答しました。

ピックアップされる質問にテンポよく太田が回答し、「とても分かりやすかった」と参加者様達から好評を頂きました。

基調講演でのRC活用

弊社(リコージャパン株式会社)でSDGsの推進を担当している太田康子(SDGs推進グループ兼広報グループマネージャー)が、本セミナーの基調講演にて講演を行いました。
太田はこれまで1万人以上の自社員へ勉強会を実施し、個人としても多数の社会貢献活動に参画しています。

基調講演の中では、RCによるリアルタイム投票の実施と、コメントや質問を自由に投稿してもらいました。
また、基調講演後の質疑応答の際にも質問を投稿してもらい、回答する質問をピックアップして太田が回答しました。

ピックアップされる質問にテンポよく太田が回答し、「とても分かりやすかった」と参加者様達から好評を頂きました。

今回のセミナーはZoomミーティングで行われました。
RCには、PCかスマホで参加して頂きましたが、この画面はPCのウィンドウを2つ並べて表示しています。
左側がZoomミーティングの画面、右側がRCの画面です。
RCの投票画面を見ながら、講演を視聴することができます。


RCのライブ画面です。
リアルタイム投票の結果は、円グラフと棒グラフ両方で見ることができます。
グラフ左上のボタンで表示の切り替えが可能です。


投稿された質問をピックアップして表示できます。
講演者がどの質問に回答しているのか、参加者からも一目瞭然です。


パネルディスカッション

パネルディスカッションでのRC活用          

基調講演後のパネルディスカッションでもリアルタイム投票を実施しました。

ここでは参加者の投票結果が、パネラーの方々の予想とは異なる結果となり、盛り上がる場面がありました。
想定していた回答とは異なる結果が即時に分かることは、まさに「リアルタイム投票ならでは」でした。

その他、「リアルタイムのアンケートがあるとセミナーが一方通行にならなくて良いですね」といったRCを評価するコメントも頂きました。

パネルディスカッションでのRC活用          

基調講演後のパネルディスカッションでもリアルタイム投票を実施しました。

ここでは参加者の投票結果が、パネラーの方々の予想とは異なる結果となり、盛り上がる場面がありました。
想定していた回答とは異なる結果が即時に分かることは、まさに「リアルタイム投票ならでは」でした。

その他、「リアルタイムのアンケートがあるとセミナーが一方通行にならなくて良いですね」といったRCを評価するコメントも頂きました。

パネラーの方々の予想とは異なった投票結果。

          

ウェビナーに参加する際は受け身になりがちですが、今回のセミナーではリアルタイム投票・Q&Aを実施したことで、講演者/パネラーと参加者の間でまさにリアルタイムなコミュニケーションが行われ、活気あるセミナーを実施することが出来ました。

          

ウェビナーに参加する際は受け身になりがちですが、今回のセミナーではリアルタイム投票・Q&Aを実施したことで、講演者/パネラーと参加者の間でまさにリアルタイムなコミュニケーションが行われ、活気あるセミナーを実施することが出来ました。

             

■JCMA様の開催レポートはこちら

             

■JCMA様の開催レポートはこちら

お客様プロフィールと導入製品

お客様情報

■お客様名称:一般社団法人 日本コンベンション協会 様
■お客様概要:コンベンション技能の向上やサービスの基準化・標準化などをはかり、 ステークホルダーと協力しコンベンションの隆盛に貢献する活動を行う
■URL:https://jp-cma.org/

導入製品

■RICOH Realtime Communication

※本ページに掲載されている情報は、2021年10月現在のものです。
※本ページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。