活用事例

セミナーの概要

主催
株式会社NTTドコモ 様
セミナー名称
ソリューション販売優良事例発表会
会場
電音エンジニアリング ON Studio
開催日時
2021年12月10日 13時30分~17時
視聴者数
300名程度
配信プラットフォーム
Vimeo®、Cisco WebEX®
株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部 第三法人営業部様では、関東甲信越エリアの中から特に優良な案件を選定し共有する「ソリューション販売優良事例発表会」を年1回開催されています。
2021年度は、コロナ禍でも集合型に負けないオンライン開催を実現したいと、RICOH Realtime Communicationを活用されました。

開始直後から熱いコメントが絶え間なく投稿され、リアルを超える一体感を実現。視聴者数は昨年度の3倍、過去最高となりました。
“視聴者と一緒にイベントを作り上げることができた”と振り返る事務局メンバーの酒井様、鈴木様。リアルを超える熱量、一体感はどのように生まれたのか、お話しを伺いました。

視聴者の注目度を高めるため、オープニングや幕間に動画を挿入。

CGでニュース番組風に背景を合成。
時間とともに背景が昼~夕焼けに変わる演出により、臨場感がアップ。

開始直後から最後まで流れ続けるコメント、
応援メッセージの数々

審査委員長自らがバンド演出したエンディング。
ユニークな取り組みによりイベントの盛り上がりが伝わってくる。

課題と効果

課題

・テレビ会議システムでは、接続が不安定で途中で何度か回線が切れてしまった。

・機材の手配から当日の進行まで、内製で行うのは負荷が大きかった。

・視聴者の反応が全く分からなかった。

効果

・プロに安定した配信環境の構築を任せることで、運営側はプログラム作りに専念できた。

・視聴者投票のほか、CG合成、BGMなどの演出により視聴者を飽きさせない進行ができた。

・絶え間なく投稿されるコメントが会場を盛り上げ、リアルを超える一体感を実現。過去最高の視聴者数となった。 

導入の背景

初めてのオンライン開催は、接続が不安定で思うような演出ができず、
内製の限界を感じました。

初めてのオンライン開催は、接続が不安定で思うような演出ができず、
内製の限界を感じました。

Q.「ソリューション販売優良事例発表会」の概要を教えてください。

支社・支店が行う法人営業活動の中で、特に優良な事例を共有し営業活動の活性化やモチベーションアップにつなげていくことを目的に年1回開催しています。11の支店それぞれが“これこそは”という案件を1件ずつ選び、担当営業が全国に向けて発表する場となりますので、発表者はもちろん応援するスタッフも熱い思いを持って本番に臨みます。関東甲信越だけでも約1,000名いる法人営業の中で12名に選ばれること、その中でも最優秀賞に選ばれることが営業担当者の目標の一つになっています。

毎年100名規模の集合型で開催していたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年度は初めてオンラインで開催しました。機材の手配から当日の進行まで自分たちで内製しましたので、準備も当日もとにかく大変でした。

株式会社NTTドコモ
法人ビジネス本部 第三法人営業部
営業統括部門
営業戦略担当
酒井友紀子 様

Q.「ソリューション販売優良事例発表会」の概要を教えてください。

支社・支店が行う法人営業活動の中で、特に優良な事例を共有し営業活動の活性化やモチベーションアップにつなげていくことを目的に年1回開催しています。11の支店それぞれが“これこそは”という案件を1件ずつ選び、担当営業が全国に向けて発表する場となりますので、発表者はもちろん応援するスタッフも熱い思いを持って本番に臨みます。関東甲信越だけでも約1,000名いる法人営業の中で12名に選ばれること、その中でも最優秀賞に選ばれることが営業担当者の目標の一つになっています。

毎年100名規模の集合型で開催していたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年度は初めてオンラインで開催しました。機材の手配から当日の進行まで自分たちで内製しましたので、準備も当日もとにかく大変でした。

Q.2020年度のオンライン開催では、どのようなことが大変だったのですか?

一番は接続が不安定だったことです。テレビ会議システムで本社と12の支社・支店をつないで開催したのですが、途中で何度か回線が切れてしまいました。この日のために準備した応援動画やBGMが途切れ途切れになることも……。せっかくの優良事例が伝わりにくくなってしまうので、ここは何としてでも改善が必要でした。
それから、集合型とは異なり視聴者の反応が全く分からないのは、運営側として非常に不安でした。皆さんにきちんと伝わっているのか終始心配しながらの進行となりました。

Q.2020年度のオンライン開催では、どのようなことが大変だったのですか?

一番は接続が不安定だったことです。テレビ会議システムで本社と12の支社・支店をつないで開催したのですが、途中で何度か回線が切れてしまいました。この日のために準備した応援動画やBGMが途切れ途切れになることも……。せっかくの優良事例が伝わりにくくなってしまうので、ここは何としてでも改善が必要でした。
それから、集合型とは異なり視聴者の反応が全く分からないのは、運営側として非常に不安でした。皆さんにきちんと伝わっているのか終始心配しながらの進行となりました。

Q.リコーの提案を採用いただいた理由を教えてください。

安定した配信環境をプロの皆さんに用意いただけるという安心感、そして何よりもRICOH Realtime Communicationが一番の決め手です。今の気持ちを気軽に投稿しみんなで共有できる仕組みは、私たちがまさに欲しいと思っていたものでした。
 
視聴者投票の機能追加も大きかったですね。最優秀賞などの選考は審査員のみで行っていたのですが、オンライン開催で一体感が課題となる中、視聴者投票はどうしても実現したかったんです。リコーさんに相談したところ、コメントは匿名で何度でも投稿できる一方、投票は一人1回のみできる仕組みにRICOH Realtime Communicationをカスタマイズすることを提案いただいて、これが決め手になりました。こちらの要望に寄り添ってくれるリコーさんの柔軟な対応力が最大の採用理由です。

Q.リコーの提案を採用いただいた理由を教えてください。

安定した配信環境をプロの皆さんに用意いただけるという安心感、そして何よりもRICOH Realtime Communicationが一番の決め手です。今の気持ちを気軽に投稿しみんなで共有できる仕組みは、私たちがまさに欲しいと思っていたものでした。
 
視聴者投票の機能追加も大きかったですね。最優秀賞などの選考は審査員のみで行っていたのですが、オンライン開催で一体感が課題となる中、視聴者投票はどうしても実現したかったんです。リコーさんに相談したところ、コメントは匿名で何度でも投稿できる一方、投票は一人1回のみできる仕組みにRICOH Realtime Communicationをカスタマイズすることを提案いただいて、これが決め手になりました。こちらの要望に寄り添ってくれるリコーさんの柔軟な対応力が最大の採用理由です。

導入の効果

安定した配信環境の構築はもちろん、台割や演出もプロのアドバイスにより
ブラッシュアップできました。

安定した配信環境の構築はもちろん、台割や演出もプロのアドバイスにより
ブラッシュアップできました。

Q.2021年度はどのように開催されたか教えてください。

必要な機材が全て揃ったスタジオに運営スタッフと審査員が集まり、このスタジオを起点に12の支社・支店をつなぐことで安定した配信環境を構築しました。最大の課題だった配信環境をプロの皆さんにお任せできたので、私たちはプログラムの作りこみなど本来の役割に専念することができました。

ハード面だけではなく、台本など内容面のサポートも大変助かりました。プロの視点から台本や進行、演出についてアドバイスいただけたおかげで、より良い構成へブラッシュアップできました。

Q.2021年度はどのように開催されたか教えてください。

必要な機材が全て揃ったスタジオに運営スタッフと審査員が集まり、このスタジオを起点に12の支社・支店をつなぐことで安定した配信環境を構築しました。最大の課題だった配信環境をプロの皆さんにお任せできたので、私たちはプログラムの作りこみなど本来の役割に専念することができました。

ハード面だけではなく、台本など内容面のサポートも大変助かりました。プロの視点から台本や進行、演出についてアドバイスいただけたおかげで、より良い構成へブラッシュアップできました。

コメントがコメントを呼び、どんどん高まっていく熱量!
視聴者の皆さんと一緒に心に響く会を作り上げることができました。

コメントがコメントを呼び、どんどん高まっていく熱量!
視聴者の皆さんと一緒に心に響く会を作り上げることができました。

Q.RICOH Realtime Communicationはどのように活用されましたか?

開催中はいつでもコメントや質問を投稿できるようにしました。とはいえ、どれくらい使ってもらえるか不安も……。ところが始まってみると開始直後から発表者への応援メッセージやプレゼンへの感想が投稿され、みるみる盛り上がっていくんです。他支店の応援コメントを見て、自分たちも負けていられないと投稿するなど、コメントがコメントを呼ぶ状況でしたね。どんどん熱量が高まっていくのが分かりました。

株式会社NTTドコモ
法人ビジネス本部 第三法人営業部
営業統括部門
営業戦略担当
鈴木美香 様

Q.RICOH Realtime Communicationはどのように活用されましたか?

開催中はいつでもコメントや質問を投稿できるようにしました。とはいえ、どれくらい使ってもらえるか不安も……。ところが始まってみると開始直後から発表者への応援メッセージやプレゼンへの感想が投稿され、みるみる盛り上がっていくんです。他支店の応援コメントを見て、自分たちも負けていられないと投稿するなど、コメントがコメントを呼ぶ状況でしたね。どんどん熱量が高まっていくのが分かりました。

 Q.過去最高の視聴者数を達成したそうですね。その要因は何でしょうか?

開催案内の段階で視聴者投票を告知したのが、一番の要因だと思います。プレゼンを見るだけではなく投票に参加できるならぜひ視聴したいと、多くの方に興味を持っていただけました。2020年度は100名程度の申し込みだったところ、2021年度はその3倍、過去最高の約330名となりました。

 Q.過去最高の視聴者数を達成したそうですね。その要因は何でしょうか?

開催案内の段階で視聴者投票を告知したのが、一番の要因だと思います。プレゼンを見るだけではなく投票に参加できるならぜひ視聴したいと、多くの方に興味を持っていただけました。2020年度は100名程度の申し込みだったところ、2021年度はその3倍、過去最高の約330名となりました。

Q.そのほかの演出、コンテンツについても教えてください。

背景のCG合成、画面のスイッチングなど、注目度を高め内容を分かりやすく伝える演出を多数盛り込むことで、4.5時間という長時間でも楽しみながら事例を分かりやすく伝えられるようにしました。

発表者を応援するために各支店・支社が作成している応援動画も、今年はさらにパワーアップしました。リコーさんにテロップやBGMを追加してもらったり、長さをそろえる編集をしてもらったことで、今まで以上に熱い思いを届けることができたと思います。
 
さらに、会を締めくくるサプライズとしてバンド演奏を盛り込みました。実は、演奏しているのは優良事例発表会の審査員も務める管理職たちが中心になっているんです。内製では基本の進行だけで精一杯だったと思いますが、今回はこのようなサプライズも盛り込む余裕があり、最後の最後までコメントが途切れない会にすることができました。

Q.そのほかの演出、コンテンツについても教えてください。

背景のCG合成、画面のスイッチングなど、注目度を高め内容を分かりやすく伝える演出を多数盛り込むことで、4.5時間という長時間でも楽しみながら事例を分かりやすく伝えられるようにしました。

発表者を応援するために各支店・支社が作成している応援動画も、今年はさらにパワーアップしました。リコーさんにテロップやBGMを追加してもらったり、長さをそろえる編集をしてもらったことで、今まで以上に熱い思いを届けることができたと思います。
 
さらに、会を締めくくるサプライズとしてバンド演奏を盛り込みました。実は、演奏しているのは優良事例発表会の審査員も務める管理職たちが中心になっているんです。内製では基本の進行だけで精一杯だったと思いますが、今回はこのようなサプライズも盛り込む余裕があり、最後の最後までコメントが途切れない会にすることができました。

Q.2021年度の「ソリューション販売優良事例発表会」のご感想をお願いします。

リアル以上の一体感を生み出すことができました。参加者の伸び悩みを心配しましたが、時間が進むほど視聴者は増え視聴者数は過去最高の約330名。コメントは約690件、拍手は15000回以上に達し、想像をはるかに超える盛り上がりを体感しました。
この数字、この盛り上がりは、運営側の働きかけだけではとても成し得なかったと思います。RICOH Realtime Communicationで視聴者の皆さんに参加いただき、お互いに熱量を高め合ったからこそ実現できたことですね。全員で“一緒に作り上げた”という感覚があります。

優良事例発表会終了後には、メールや電話、アンケートで「飛躍的にクオリティが向上した」「感動した」「心に響く会だった」など嬉しい声をたくさんいただきました。

Q.2021年度の「ソリューション販売優良事例発表会」のご感想をお願いします。

リアル以上の一体感を生み出すことができました。参加者の伸び悩みを心配しましたが、時間が進むほど視聴者は増え視聴者数は過去最高の約330名。コメントは約690件、拍手は15000回以上に達し、想像をはるかに超える盛り上がりを体感しました。
この数字、この盛り上がりは、運営側の働きかけだけではとても成し得なかったと思います。RICOH Realtime Communicationで視聴者の皆さんに参加いただき、お互いに熱量を高め合ったからこそ実現できたことですね。全員で“一緒に作り上げた”という感覚があります。

優良事例発表会終了後には、メールや電話、アンケートで「飛躍的にクオリティが向上した」「感動した」「心に響く会だった」など嬉しい声をたくさんいただきました。

Q.コロナ収束後はどのように開催されますか?

以前のままの集合型には戻らない、戻せないですね。もちろんリアルでしか生み出せない価値も大事にしていきたいので、今後は集合型とオンラインのミックスを検討していく予定です。
その実現に向けて、リコーさんには引き続きサポートしていただけたらと思っています。
 

Q.コロナ収束後はどのように開催されますか?

以前のままの集合型には戻らない、戻せないですね。もちろんリアルでしか生み出せない価値も大事にしていきたいので、今後は集合型とオンラインのミックスを検討していく予定です。
その実現に向けて、リコーさんには引き続きサポートしていただけたらと思っています。
 

株式会社NTTドコモ
法人ビジネス本部 第三法人営業部  営業統括部門 営業戦略担当
酒井友紀子 様(写真右)
鈴木美香 様(写真左)

お客様プロフィールと導入商品

お客様情報

■お客様名称
株式会社NTTドコモ様

■お客様概要
通信事業、スマートライフ事業を中核に、多様なコミュニケーションを創造するサービス、ソリューションを展開。

■URL
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/lp/smb/

活用製品

■RICOH Realtime Communication(ストリーミング連携)
■配信オペレーションサポート

※本ページに掲載されている情報は、2022年2月現在のものです。
※本ページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。
※Vimeoは、Vimeo LLCの商標または登録商標です。
※Cisco Webexは、米国およびその他の国におけるCisco System, Inc. およびその関連会社の商標です。
※撮影時のみマスクを外し、ソーシャルディスタンスを確保したうえで撮影しています。